建物の知識 施工 of 山崎建設株式会社(岡崎市)のホームページ・・岡崎市周辺の不動産のお世話から建設まで山崎建設株式会社(岡崎市)にお任せ下さい

建物と土地の相談は山崎建設へ!

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


山崎建設株式会社(岡崎市)のホームページ・・岡崎市周辺の不動産のお世話から建設まで山崎建設株式会社(岡崎市)にお任せ下さい since 2009-03-18

yamaken1_01.jpg

HOME > 建物・土地の知識 > 建物の知識 施工

建物の知識 施工

工法の基礎知識

建物の骨組み(躯体)のことを構造といいます。その構造は、主に躯体部分に使われる材質によって分類されています。また建築法規や公庫融資などでは、構造を木造、準耐火構造、耐火構造に区分しています。
工法は建てる方法のことを指します。大きくは軸組工法と壁式工法に分かれており、それに材質別の構造が加わって細分化されます。たとえば材質が同じ木(質)造であっても、木造軸組工法もあれば、壁式工法のツーバイフォー工法や木質パネル工法もあります。
軸組工法は、柱や梁などの軸材を組んで骨組みをつくり、それによって建物を支える工法です。開口部が広く取れるため、明るく風通しのよい住まいをつくることができます。いっぽう壁式工法は壁によって建物を支える工法で、気密性や施工性にすぐれています。



〔木造軸組工法〕

日本の気候・風土の中から育まれてきた伝統的な工法で、 在来工法とも呼ばれている。木材で土台・柱・梁などの軸材を組んで骨組みを構成。設計の自由度が高く、数寄屋造りの純和風はもちろん、和洋折衷や洋風など幅広い様式に適応。同時に和室にマッチする真壁づくりと、洋室向きの大壁づくりとに使い分けられるのも特徴。
また柱や梁などで支える工法であるため、開口部が大きくとれ、増改築にも対応しやすく、しかもさまざまな立地や敷地条件に対応でき、自由度も高い。


〔木造軸組+パネル工法〕

この工法は、柱や 梁などの軸材を組んで骨組みを構成する軸組 工法に、耐力壁としてのパネルを組み合わせ てつくる建て方。軸材と軸材の間に耐力壁の 役割を果たすパネルを張り付けるため、強度は一段と増し、地震や台風などによる外圧 に対して、より頑丈な構造体をつくりあげる ことができるのが大きな特徴になっている。
軸組工法の良さの一つである高い設計の自 由度を生かしながら、パネルによる壁式工法 の長所でもある高い気密性の住まいも実現し てくれる。この工法に使われるパネルも高性 能化・多機能化が進んできており、それが住 まい全体の性能アップへとつながっている。

〔2×4(ツーバイフォー)工法〕

北米で発達・普及した工法。断面寸法が 2インチ× 4インチの基本材で枠組をつくり、それに構造用合板を張ってパネル化。このパネルを耐力壁として用いることから枠組壁工法ともいう。洋風様式に適しており、部屋構成も洋室中心。
なお断面寸法が 2インチ× 6インチの枠材を使うツーバイシックス工法もある。また、2×4工法でユニット化し現場で組み立てるプレハブ方式のツーバイフォーユニット工法もある。

〔木質パネル工法〕

ツーバイフォー工法と同じように耐力壁によって建物を支える工法。ツーバイフォー工法では2×4インチの枠材が耐力壁を構成する基本材になっているが、この工法では複層・強化された木質パネルそのものが耐力壁を構成。木質系プレハブ住宅の他に、一部の輸入住宅に採用されている。


〔鉄骨軸組+ALCパネル工法〕

鉄骨で軸組を構成し、それに軽量気泡コンクリート(ALC)パネルを組み合わせた工法。軽量 鉄骨を使うケースが多いが、重量鉄骨も加えて軸組を構成するケースもある。都市型プレハブ住宅に採用されている。

〔軽量鉄骨+不燃パネル工法〕

軽量鉄骨で軸組を構成し、それにセメント板などの不燃パネルを組み合わせた工法。鉄骨系プレハブ住宅の代表的な工法になっている。

〔軽量鉄骨ユニット工法〕

部屋またはスペースの一部をユニット(箱)単位で工場で生産し、これを現場で組み立てる工法。軽量 鉄骨と組み合わせるパネルに、不燃パネルを使ったタイプと、ALC系パネルを使ったタイプとがある。

〔重量鉄骨ラーメン工法〕

柱、梁、床スラブおよび耐力壁を一体につくって建物を構成する工法。材と材が交わる部分が剛接合によって固定されているのが特徴。中・高層の建物に多く見られ、住宅ではビル形式の併用住宅ないし集合住宅に採用されている。

〔コンクリート一体壁式工法〕

構造体を構成するところに鉄筋を配し、そのまわりに合板で型枠をつくり、その中にコンクリートを流し込んで一体化する壁式工法。現場でコンクリート打ちをすることからコンクリート現場打ち工法ともいわれている。

〔PCパネル工法〕

工場でつくられたコンクリートパネルを現場で接合して構造体をつくる壁式工法。コンクリート系プレハブ住宅に採用されている。